サイトマップとは?作り方や設定方法を解説【SEO効果も】

SEO

サイトを運営していると、時々「サイトマップ」という言葉を見かけることがあるかと思います。しかし、そもそもサイトマップが何か理解しておらず、どのように対応すれば良いのか分からないという方もいます。

あなた
あなた

サイトマップって何?私のサイトでの対応はどうすればいいの?

この記事ではそんな方に向けて、サイトマップとは何か?という基本的なところの解説から、実際に自分のサイトでどのように対応していけば良いのかという具体的な話まで説明しています。参考になりましたら幸いです。

サイトマップとは【実は2種類ある】

サイトマップ

一般的にサイトマップというと2種類あります。1つはHTMLサイトマップ、もう1つはXMLサイトマップです。文脈によってどちらのことを指しているのか変わってきますので要注意です。それぞれ説明していきます。

HTMLサイトマップとは

まずHTMLサイトマップですがユーザーが閲覧するページです。ユーザーがHTMLサイトマップをみて、迷うことなく目的のページに辿り着くようにすることが目的です。

言葉だと分かりにくいかもしれないので、例として大阪にある「ひらかたパーク」という遊園地のサイトマップのリンクを紹介しておきます。

マップ(地図)というだけあって、このサイトの全体像が把握できますね。

XMLサイトマップとは

次はXMLサイトマップです。XMLサイトマップを利用するのはユーザー(人間)ではなく、Googleなどの検索エンジンです。ユーザーが使うものではないため、普段ユーザーが目にすることはありませんが、ほとんどのサイトにはXMLサイトマップ(ファイル)が存在しています。

検索エンジンはインターネット上にあるサイトをプログラム(クローラーと呼びます)を使って認識していきます。あなたのサイトがGoogle検索に載っているのもクローラーがあなたのサイトを認識しているからです。

このクローラーですが、サイト内のリンクを辿って「お、ここに◯◯のページがあるな」と認識していきます。ただ、リンクの設置方法によってはクローラーが全てのページを認識することが難しい場合があります。

そんな時に登場するのがXMLサイトマップです。クローラーがXMLサイトマップを見て「ふむふむ、このサイトはこんな感じか」と理解してくれるので、認識が難しいページも発見しやすくなります。

まさに検索エンジンのためのマップ(地図)ですね。(イメージを掴んでいただくために、かなり省略して簡単に説明しています。)

せっかく良いコンテンツを作っても検索エンジンが認識していなければ検索結果ページに表示されません。コンテンツを正しく検索エンジンに認識してもらうことは、SEOの観点でとても重要です。

ネット上ではXMLサイトマップの必要性について議論されていますが、個人的には検索エンジンに正しく認識して欲しいサイトであれば、XMLサイトマップは必要だと考えています。

HTMLサイトマップの作り方

coding

サイトマップとは何か理解できたかと思うので、次はサイトマップの作り方について解説していきたいと思います。まずはHTMLサイトマップからいきましょう。

HTMLサイトマップの作り方ですが、2種類の作り方があります。

  1. 手動で作成する
  2. WordPressのプラグインで作成する

手動で作成する

自分でHTMLを書いてサイトマップを作成する方法です。WordPressに限らず全ての方法で行うことができます。

WordPressのプラグインで作成する

あなたのサイトがWordPressを使っている場合、プラグインを利用してHTMLサイトマップを作成できます。コンテンツを追加した時にはHTMLサイトマップを自動で更新をしてくれるので便利です。

いくつかプラグインがありますが、有名なのはPS Auto Sitemapです。

HTMLサイトマップページのデザイン

デザイン

HTMLサイトマップはユーザーが使用するページなので、分かりやすくするためにデザインもこだわりたいところです。コツとしては以下の点に気をつけるといいでしょう。

  • カテゴリを色で分ける
  • 階層構造を視覚化する
  • 目的や悩み別で分類する
  • イラストや写真を入れてテキストの羅列を防ぐ

以下のリンクにて、参考になりそうなデザイン例がまとまっているページを紹介しておきます。
見やすくて使いやすいサイトマップページのデザイン例をご紹介(Web幹事)

HTMLサイトマップのテンプレート

サイトマップ

先ほどデザインについて話をしましたが、自分でデザインを考えていくのはなかなか大変です。たくさんのサイトでHTMLサイトマップのテンプレートが紹介されていますので、利用してみるのも良いでしょう。

以下のサイトのように手軽に使えるテンプレートもあります。
ダウンロードして即使えるサイトマップ(サイト構成図)のテンプレート5点(high five create)

XMLサイトマップの作り方

ツール

次はXMLサイトマップについて詳しく解説していきます。

XMLサイトマップの作り方ですが、3種類の作り方があります。

  1. 手動で作成する
  2. sitemap.xml Editorを利用して作成する
  3. WordPressのプラグインで作成する

1と2の方法では、サイトマップを作成した後に自分のサイトに追加する必要がありますのでご注意ください。

手動で作成する

ツールなどを利用せずに自分でXMLサイトマップを作成する方法です。正直なところ、あとで紹介しているツールを使う方法の方が簡単です。手動で作成するやり方の詳細はsitemaps.orgをチェックしてみてください。

sitemap.xml Editorを利用して作成する

sitemap.xml Editorは自動でXMLサイトマップを作成してくれるツールで、あなたのサイトのURLを入力するだけでXMLサイトマップが出来上がります。

WordPressのプラグインで作成する

あなたのサイトがWordPressを使っている場合、プラグインを使えば簡単にXMLサイトマップが作成できます。

いくつかプラグインがありますが、有名なのはGoogle XML Sitemapsです。もしくは多くの方が利用しているAll in One SEO Packの中にも同様の機能があるので、All in One SEO Packを利用している人はそちらでもOKです。

XMLサイトマップの登録方法

書く

実はXMLサイトマップは作成するだけでは意味がありません。XMLサイトマップの存在を検索エンジン(Google)に伝わるように設定しておきましょう。

XMLサイトマップの登録方法は主に2つあります。

  1. robots.txtを使う
  2. Google Search Console(サーチコンソール)を使う

robots.txtを使う

robots.txtとは、先ほど話に出てきたクローラーの動きをコントロールするためのファイルです。クローラーがrobots.txtを読み込んで、巡回するURLや巡回しないURLを把握するために使われたり、サイトマップの場所を把握したりする時に使用されます。

robots.txt内にサイトマップの位置を記入できるようになっており、これで検索エンジンがサイトマップを認識できるようになります。

Google Search Console(サーチコンソール)を使う

事前にあなたのサイトでサーチコンソールを利用している場合に使える方法です。

サーチコンソール内右側のメニューにある「サイトマップ」からサイトマップのURLを入力して、送信するだけです。

コンテンツが更新される度に最新のサイトマップを登録するようにしたいですが、毎回これを行うのは手前ですよね。先ほどご紹介したGoogle XML Sitemapsを使えば定期的に登録してくれる機能があるので導入を検討してみて下さい。

まとめ【ユーザーやGoogleに最適化しよう】

チェックリスト

今回はサイトマップとは?という基本的な話から、HTMLサイトマップ、XMLサイトマップそれぞれの作成&登録の方法といった具体的内容までカバーしました。

以下が今回のまとめです。

  • HTMLサイトマップはユーザー(人間)が迷うことなく目的のページに辿り着けるようにするためのもの
  • XMLサイトマップは検索エンジン(Googleなど)が正しくサイトを認識するためのもの
  • 作成方法は複数あり、適切な方法を選ぶようにする

クローラーやrobots.txtといった単語自体は難しそうですが、作成から登録まではツールを利用することで簡単に行えますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

参考URL

タイトルとURLをコピーしました