【Googleが明記】LPO(ランディングページ最適化)4つのポイント

lpo 広告運用

Google広告を掲載し始めてしばらく経つと、広告がどのくらいクリックされているかどうか、コンバージョン率の良し悪しなど様々なことが気になってきます。

Google広告の管理画面をチェックすればこの辺りの数字に関しては確認できますが、以下のような問題が発生していることがよくあります。

あなた
あなた

1クリックあたりの費用が高いし、広告自体あまり表示されていない…

せっかくお金を払って広告を出すのであれば、クリック単価は1円でも安く抑えたいですし、なるべく多く広告がクリックされるようにしたいですよね。

この問題の解決策の1つがLPO(ランディングページ最適化)になります。実はLPOに関してGoogleが公式に解説(英文)しています。この記事ではGoogleが明記している内容に沿ってLPOについて解説していきます。

LP(ランディングページ)とは?

question

LPOと急に言われても、何のことかさっぱり分からないという方のために、まずはLPOの前半2文字の部分、LPについて解説します。

LPとはユーザーが広告をクリックした際に表示されるウェブページのことです。

多くの広告でLPをホームのページに設定しているものを見かけますが、GoogleはLPはホームのページとは別に用意することを推奨しています。

複数のLPを用意し広告の内容によってLPを出し分けると、広告とLPのギャップ(内容やトーン)が減らせるので、ユーザーにとってスムーズに求めている情報を手に入れることができます。

LPO(ランディングページ最適化)とは?

growth

LPOとはLanding Page Optimisationの略でLPを最適化することです。

LP側に変更を加えることで、LPをユーザーやGoogleにとって良いものにしていき、広告の効果を高める狙いがあります。

LPOを行う4つのメリット

money

LPOを行うメリットとして、Googleは4つ挙げています。

直帰率が下がる

意図しないユーザー(例:男性用の衣服の広告なのに女性が流入してくる)が減るので、直帰率が下がります。Google広告は基本的にユーザーがクリックしたら課金されるので(インプレッション課金を除く)無駄な出費が抑えられます

広告の表示位置が上がる

適切なユーザーに広告を表示することにより、ユーザーがLPに長く滞在します。Google広告は滞在時間を広告の表示位置を決める際の指標の1つとしてみているので、滞在時間が長ければ、それだけ上位の位置に広告が表示されるようになります。上位の位置に表示されるようになればそれだけ多くのユーザーの目に止まり、その分流入が増えます

品質スコアが上がる

品質スコアは広告やキーワード、LPの品質を表す指標です。品質スコアが高くなるほど、入札単価を低く抑えつつ、広告掲載順位をあげることができます。広告とLPの関連性は品質スコアを決める際の重要な指標となっています。

シェアされる確率が上がる

広告やLPがユーザーにとって面白かったり、有益なものであれば、それだけ他のユーザーにシェアされる確率が高くなります。これは他のユーザーが無料で流入してくることを意味しています。

【Google推奨】LPO4つのポイントとベストプラクティス

Googleは公式にLPOにおける注目すべきポイントを明記しています。そのポイントは大きく分けて4つあり、それぞれのポイントごとにベストプラクティスを紹介しています。

関連性(Relevant)

まず始めに紹介されているのが関連性です。Googleから見た関連性というのは、ユーザーの求めている情報を提供できる、便利なページが表示されているかになります。

以下がGoogleが公開している関連性に関するベストプラクティスです。

  • 全てホームのページに遷移させるのではなく、広告の内容にあったページに遷移させましょう
  • 広告で使用しているキーワードをLP内でも使用しましょう
  • 広告で使用しているCTA(Call To Action)と同じもの(単語)をLP内でも使用しましょう
  • LP内では最終的なゴールに繋がる内容だけを表示するようにしましょう
  • 広告内で示しているValue proposition(送料無料等)をLP内で目立たせましょう
  • ユニークなポイントを伝えましょう
  • 広告の文言と商品のトーンを合わせましょう
  • 商品が複数ある場合は広告グループを分けましょう

信頼性(Trustworthy)

2つ目に紹介されているのが信頼性です。Googleから見た信頼性というのは、正確な情報が十分にユーザーに伝わるページかどうかです。

以下がGoogleが公開している信頼性に関するベストプラクティスです。

  • 商品の情報や価格を正確に伝えましょう
  • コンタクト情報を入れましょう
  • 正しいスペルや文法を使いましょう
  • ユーザー情報を入力してもらう際にはその理由を明示しましょう
  • 正直なカスタマーレビューを掲載しましょう
  • 第2、第3のCTAをページ下部に設置しましょう
  • ポップアップは使用しないで下さい
  • 誇張した表現を使わないようにしましょう
  • 利用規約とプライバシーポリシーへの導線を入れましょう
  • ブランドや受賞歴に関する情報を入れましょう
  • ページのデザインはシンプルにしましょう

問い合わせだけがCTAとして設定されているLPをよく見かけます。全てのユーザーが広告クリックしてからすぐに問い合わせするかというと、そうとは限りません。

ユーザー
ユーザー

今問い合わせはしたくないけど、もう少しこの商品のことについて知りたいな…

こういったユーザーのために、資料ダウンロードやセミナーへの案内を第2、第3のCTAとして用意してあげると、Google広告からの評価も上がります。

簡易性(Easy)

3つ目に紹介されているのが簡易性です。Googleから見た簡易性というのは、デバイスに関係なく、ユーザーが求めている情報に簡単にアクセスできるかどうかです。

以下がGoogleが公開している簡易性に関するベストプラクティスです。

  • ユーザーが求めている情報にアクセスできるように誘導しましょう
  • 箇条書きを使用しましょう
  • 長文よりも短文でユーザーが求めている情報を伝えましょう
  • CTAのボタンを目立たせましょう
  • ソーシャル系のシェアボタンを設置しましょう

たくさんの情報をユーザーに伝えたいからといって、長文だらけのLPを作成してもユーザーは読んでくれません。ポイントを簡潔に伝えるようにしましょう。

一貫性(Reliable)

最後に紹介されているのが一貫性です。Googleから見た一貫性というのは、プラットフォームに関係なく、一貫した情報を素早くユーザーに伝えられているかです。

以下がGoogleが公開している一貫性に関するベストプラクティスです。

  • 読み込みを速くしましょう
  • レスポンシブ対応しましょう
  • FlashやJavaScriptは多用しないで下さい
  • ページ全体に一貫性を持たせましょう
  • 画像を最適化しましょう
  • 自然な文章にしましょう

PCだけでなく、スマホで閲覧した際もスムーズに読めるLPにしていきましょう。

読み込み速度に関しては、PageSpeedを利用して計測することが推奨されています。

まとめ【知っていれば実行できるものばかり】

今回はGoogleが推奨しているLPOの4つのポイントについて紹介しました。

1つ1つの項目を見ていくと、難しいものは少ないですよね。しかし、意外と世の中にはこのチェックが欠けているLPが多いです。せっかくお金をかけて広告を掲載しているので、チェックを埋めて成果のアップにつなげましょう。

タイトルとURLをコピーしました