動的検索広告(DSA)とは?メリット・デメリット&設定方法を解説

dsa 広告運用

「Google広告の運用に少し慣れてきた」、「基本的な知識は身についてきた」という方の中には以下のような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

あなた
あなた

管理画面やネット上で見かける「動的検索広告」って何なの?

この記事では、上のような疑問を持つ方に向けて動的検索広告について解説していきたいと思います。

初めに「動的検索広告とは?」という基本的な話からそのメリットやデメリット、設定方法といった具体的な話まで解説しますので、この記事を読めば動的検索広告について理解できるだけでなく、実際に運用を開始できるようになります

動的検索広告とは?

question

動的検索広告(Dynamic Search AdsやDSAと表記されることもあります)とは検索連動型広告の一種で、広告プラットフォーム(Google広告やYahoo!広告)が自動で広告を出してくれる広告の種類を指しています。

これだけだとちょっと難しいので、2つに分けて説明していきますね。

まずは「検索連動型広告の一種で」というところからいきましょう。以下の図を見てください。

listing-ads

リスティング広告という枠の中に検索連動型広告とディスプレイ広告があります。今回解説している動的検索広告は、検索連動型広告の中にあります。

次に「広告プラットフォーム(Google広告やYahoo!広告)が自動で広告を出してくれる広告の種類」という部分の説明です。

基本的に動的検索広告以外の広告は、広告の説明文であったりキーワードなどは出稿する人が自分で設定しないといけません。

しかし、動的検索広告を使うとGoogle広告やYahoo!広告といった広告プラットフォームが、あなたのWebサイトをチェックして自動で設定を行い出稿してくれます。

動的検索広告のメリット3つ

children

動的検索広告がどういう広告なのかを掴んでいただいたので、次は動的検索広告のメリットについて解説していきます。

広告設定の負担が削減できる

Google広告が勝手に広告を出稿してくれるので、設定の手間は減ります。広告出稿にかけていた時間が節約できますね

穴場の検索語句(キーワード)に出稿できる

Googleが蓄積しているデータに基づいて自動的に出稿されるため、これまであなたが手動で設定していた時には漏れていたキーワードに出稿してくれる可能性があります。この中には、たくさん検索されているのに競合が出稿していない穴場のキーワードが含まれていることもあります。

手動で設定した広告よりも動的検索広告の方が成果が良い、ということはよくあります。

トラフィックの増加によりコンバージョン数が上昇する

穴場の検索語句(キーワード)に出稿できた場合、広告が良い位置(掲載順位が高い)に掲載される可能性が高いです。これにより多くの流入が見込めるため、コンバージョンも増加することが見込まれます。

動的検索広告のデメリット2つ【◯◯ができない】

thinking

次に動的検索広告のデメリットを挙げます。

広告見出しの表現をコントロールできない

Googleが自動で広告見出しを設定するので調整ができません。

キーワードごとの入札単価は調整できない

こちらも同様にGoogleが自動で設定するためコントロールできません。

動的検索広告はどんな場合にオススメ?

一般的におすすめの場面は以下だと言われています。しかし、個人的には動的検索広告と普通の広告を並行して利用できる状況にあるなら利用した方が良いと思っています。

商品点数(ページ数)が多いサイト場合

全ての商品のページに対して広告を設定する負担は大きいです。動的検索広告を使えば自動で設定してくれるので手間が省けます。

すでに広告の運用はしているが成果が出ていない場合

Googleが競合が出稿していない穴場の検索語句(キーワード)を発見した場合には成果に繋がる可能性が高いです。

動的検索広告の設定方法

動的検索広告のメリットとデメリット、おすすめの場面が理解できたところで、次は実際の設定方法を説明していきます。

今回の説明内では動的検索広告に絞って説明していきますので、基本的なGoogle広告の設定方法については省略しています。

まずはGoogle広告の管理画面へ行き、新しいキャンペーンを作成します。

キャンペーンの設定は全部で4ステップあります。画面上部にもこの4ステップは表示されています。

ステップ1「キャンペーン設定を選択する」のところで「詳細設定を表示」をクリックしてください。すると4つ項目が見えるようになります。上から3つめの動的検索広告の設定をクリックしてください。

dsa-1

すると以下のような画面が表示されるかと思いますので、広告を出したいサイトのドメインを入力し、次のステップに進んでください。

dsa-4

ステップ2の「広告グループを設定する」内にある「広告グループの種類」をクリックして「動的広告」に切り替えます。

dsa-2

すると以下の画面が表示されるので説明文を設定してください。URLや見出しは自動的に設定されます。

dsa-3

あとは最後までステップを進めれば完了です。この後Googleの審査があり、それが無事通れば広告が表示されるようになります。

まとめ

happy

今回は動的検索広告について解説しました。まとめると以下の3点になります。

  • 動的検索広告はプラットフォームが自動で広告の設定を行ってくれる広告のこと
  • メリットは手間が省ける、穴場のキーワードに出稿できること
  • 設定も簡単

細かい設定をしなくても高い効果が期待できるので、個人的には動的検索広告はおすすめの広告です。是非一度お試しください。

参考URL
動的検索広告について

タイトルとURLをコピーしました